20210218_南秋川_笹野_stone_a_a_04.jpg

[若水] / [Jakusui]

 

川は波立つことなく

深々と流れていました。

この空間を乱さないような

水の動きを作りたく、

滑らかな円形の流れができるように、

川底から石を組んでいきました。

The river was flowing

deep without any surge.

I wanted to create a movement of

water that would not disturb this space.

The stones were assembled

from the riverbed to create a smooth circular flow.

20210212_南秋川_柏木野_stone_a_a_09.jpg

[竜吟] / [Ryugin]

 

2月になると木々は葉を落とし、

この川原には赤茶色が広がります。

紅葉時の黄色はなくなり

緑の芽吹きにはまだ早く、

この時期特有の色合いが見られます。

撮影する川の流れの描写をイメージし、

それに合わせて石を選んでいきました。

 

In February, the trees shed their leaves

and this riverbed is covered in reddish brown.

The yellow of the autumn leaves is gone,

and it is still early for the green buds to sprout.

I imagined the flow of the river to be photographed,

and selected stones that would match it.

20210214_南秋川_出畑_stone_a_a_04.jpg

[久遠] / [Kuon]

 

光には枯れ木や葉の色が乗り、

水面に反射していました。

石が浮かんでいるような描写を求め、

水面と同じ高さまで石で台を組み、

その上に乗せていきました。

太陽の動きを予測しながら、

イメージする光が現れるのを

じっくりと待ちました。

 

The light carried the colors of the trees

and leaves and reflected them on the water.

I wanted to depict the stones

as if they were floating on the water.

I built a platform with stones to the same height

as the water surface and placed them on it.

Anticipating the movement of the sun,

I waited carefully for the light I imagined to appear.

20170825_桂川_四方津_a_06.jpg

[一路] / [Ichiro]

 

谷は深く川原に降りられる場所を探すのに

2時間程歩きました。

中流域の石と比べて表面が

ザラザラしたものが多く、

石を積む際にはその摩擦力も利用しました。

縦に積まれた石の存在感を

強めたかったので、

川幅の広さを横の空間として利用し、

石をカメラの画角に大きく入れました。

 

The valley was deep, so we walked for

about two hours looking for a place

to get down to the river bottom.

Compared to the middle reaches of the river,

many of the stones have a rougher surface.

When piling stones, I used the frictional force

of the stones.

To enhance the presence of the vertically piled stones,

I put the stones in the camera's angle of view

to a large extent.

20180113_南秋川_南郷_a_02.jpg

[渓流とピナクル] / [Keiryu to Pinnacle]

 

川は複雑な地形に沿いながら

流れていました。

完成させる石のサイズが

川の規模と合うように土台を広く取り、

全体像が大きな三角形になるように

積んでいきました。

 

The river flowed along a

complex terrain.

In order for the size of the stones

to match the size of the river,

the base was made wide.

The stones were piled

so that the overall image was a large triangle.

残照_20210130_三戸浜_c_a_01.jpg

[残照] / [Zansyo]

 

この日は大潮で、

夕方の5時半頃に満潮を迎えました。

石を置いた場所は

波しぶきがかかる場所で、

昼間に何度か同じように石を立てましたが

崩れてしまいました。

潮止まりのタイミングまで

構図を微調整しながら待ち、

流れが落ち着いたタイミングで

一息に積み上げました。

 

The tide was high around 5:30 pm.

The spot where I placed the stone

was subject to splashing waves.

I waited for the tide to recede

and fine-tuned the composition.

When the current calmed down,

I piled up the stones all at once.

20180811_大岳沢_c_03.jpg

[集い] / [Tsudoi]

 

前日まで強い雨が降っていたので、

普段は水量の少ないこの沢を

制作地に選びました。

到着すると大きな倒木が

沢の両端につっかえていました。

この状況を面白い作品にできないかと模索した末、

このような完成形になりました。

撮影する範囲を最初に決めて、

石を配置する位置を確認しながら

積んでいきました。

 

Since it had rained heavily the day before,

I chose this river,

which usually has little water,

as the site for our project.

When I went there, I found that there were

large fallen trees stuck at both ends of the river.

I wondered if I could do something interesting with this situation,

and this is what I came up with.

First, I decided on the composition of the shot,

and then piled up the stones one by one,

checking their positions.

20180108_南秋川_柏木野_a_02.jpg

[ブラックナイト] / [Black Knight]

 

制作地には艶やかな石が多く、

どれを選んでも見栄えのするのもばかりでした。

薄暗い谷にひっそりと息づくものを表現したく、

暗いトーンの石を中心に選んでいきました。

石の艶やかさを引き立てる為に、

石を水で濡らし光の反射具合を調節できる

フィルターを付けて撮影しました。

 

There were many lustrous stones

in the production area,

and no matter which ones I chose,

they all looked good.

I wanted to express something

that lives quietly in a dimly lit valley.

I chose mainly dark-toned stones.

In order to enhance the luster of the stones,

I wet the stones with water and added

a filter to adjust the light reflection.

20180804_寸庭川_古里_a_03.jpg

[晩夏] / [Banka]

奥多摩の川を上っていくと

この場所が現れました。

連日の雨の影響により、

滝は横いっぱいに広がっていました。

水しぶきを受けない

ギリギリの場所に石を置き、

山間から夕陽が射し込むまで待ってから

撮影しました。

While walking along the river in Okutama,

we came upon this place.

Because of the continuous rain,

the waterfall had spread wide to the sides.

I placed the stone in a place

where it would not be splashed by water.

I waited for the setting sun

to shine through the mountains

and took this picture.

20170820_三沢川_上長瀞_b_03.jpg

[青水無月] / [Aominazuki]

この地域には結晶片岩といわれる

綺麗な模様の石が多くあり、

中でも特徴的だった石を

一番上に乗せました。

現場に到着するまでに汗をかきましたが、

浅瀬の流れが体を冷まし、

じっくりとバランスを感じながら

完成させることができました。

In this area, there are many stones

with beautiful patterns,

called crystalline schist.

I put the most distinctive stone on top.

I was sweating by the time

I arrived at the site,

but the current in the shallows cooled me down

and I was able to complete the work

while taking my time to feel the balance.

20200215_金田海岸_e_b_01.jpg

[夢の入江] / [Yume no Irie]

日が沈んだ薄暗い時間に撮影しました。

タイドグラフで潮位を確認し、

暗くなる頃に石に波がかからないくらいの

位置を予測して制作しました。

しかし、途中で何度か波により

作品が崩れてしまいました。

真っ暗になる前に

波と一緒に写真に収めることができた

数少ないショットの内の一枚です。

I took this photo in the dim hours after the sun had set.

I checked the tide level on a tide graph,

and estimated the position

of the stone so that it would not be covered

with waves when it became dark.

However, the work collapsed due to waves

several times during the process.

This is one of the few shots

that I was able to capture

with the waves before it became completely dark.

20210420_stone_a_05.jpg

[春の囀り] / [Haru no Saezuri]

爽やかな新緑が広がり、

ウグイスの鳴き声が響いていました。

一番上の石は10キロはある大きなものだったので、

確実にバランスが取れる位置を

確認してから乗せました。

陽の光が強く差し込んだ正午に撮影しました。

Fresh new greenery was spreading

and the sound of buzzards was echoing.

The top stone was a big one,

weighing about 10Kg,

so I made sure it was balanced before placing it.

I took this photo at noon

when the sun was shining strongly.

ロゴ.png